こうすれば大丈夫!ニキビ跡の種類と改善方法

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡には3つのタイプがあります。まず第1のタイプは赤ニキビ跡です。炎症したニキビの後に毛穴の周りがうっ血して赤く跡が残ります。第2のタイプは茶色ニキビ跡です。ニキビによる皮膚へのダメージに加えて、紫外線が当たることによってメラニン色素が生成されて茶色い跡が残るものです。最後のタイプはクレーター状ニキビ跡です。炎症を繰り返しニキビが皮膚組織を破壊してしまい、凹凸状になって肌に残ってしまっているものです。

それぞれの改善方法は?

赤にきび跡は炎症による毛細血管のうっ血ですから、炎症を沈静化するような成分の入ったものが効果的です。スーッとするようなメンソールやアルコール系、ビタミンCや和漢植物エキスなどが入った化粧水がおすすめです。コットンに含ませてしばらくパックするような方法がいいでしょう。赤ニキビ跡の場合、ピーリングは禁忌です。よけいに肌を刺激して炎症をひどくする可能性があるからです。茶色ニキビの場合はメラニンによるシミですので、基本的にシミ対策の化粧品でOKです。ビタミンC誘導体の化粧品やクリームなどでケアしましょう。イオン導入器などで肌に浸透しやすくするのも良いでしょう。

クレーター状のニキビ跡は根気が必要!

皮膚細胞が壊れてしまったクレーター状のニキビ跡はなかなか簡単には消えません。赤ニキビ跡や茶色ニキビ跡と同じようにビタミンC誘導体などのシミ用化粧品を使い、また肌のターンオーバーを高めるためにピーリングをすることもおすすめします。家庭でする場合はなるべく刺激の強いものは避け、酵素の入った洗顔やポロポロと角質を落とすピーリング剤などにしましょう。家庭でのケアで治らないなら、美容皮膚科で治療すると確実です。ケミカルピーリングやレーザー、フォトフェイシャル、FGF治療など様々な治療法があります。

ニキビ跡対策コスメを使えば、自分で気になる部分のケアができます。ローションや美容液等があり、人気です。