意外と知らない?入浴中のムダ毛処理が駄目な理由について

入浴時にムダ毛処理をする人が多い理由

ムダ毛処理をいつ、どこで行うかと聞けば、入浴時にお風呂場で行うと答える人が多いのではないでしょうか。確かに入浴の際にムダ毛処理をすれば、剃ったムダ毛をそのままシャワーで流せるので効率的ですよね。それにシェーバージェルがなくても、ボディソープや石鹸だ代用することが可能です。また、入浴によって身体が温まり皮膚や毛が柔らかくなるので、ムダ毛処理をしやすいというメリットもあります。こう見ると、入浴時のムダ毛処理するは非常に理にかなっている様に見えます。

入浴時のムダ毛処理は肌へのダメージが大きい

入浴時のムダ毛処理はメリットがあるように見えますが、実は余り良い行為ではないんです。例えば入浴することで毛穴が開き、毛も皮膚も柔らかくなります。この状態でムダ毛を剃ると楽に剃れるのは事実なんですが肌に必要な角質まで削ぎ落とす可能性が高く、肌へのダメージが大きいんですよね。しかも、お風呂場は湿度も高く雑菌が繁殖しやすい場所です。その為、開いた毛穴やカミソリによる僅かな傷から侵入して、炎症を起こす可能性も高くなるんですよ。

石鹸やボディソープを使ったムダ毛処理は避ける

入浴中、シェービングジェル代わりに石鹸やボディソープを使う人も多いのではないでしょうか。しかし、石鹸やボディソープを使ってムダ毛処理することは肌へのダメージが大きいんです。実は石鹸やボディソープの泡は、すぐに消えやすいんですよね。つまり、直接カミソリの刃が当たる可能性が高いということになります。また、石鹸やボディソープは身体の皮脂を必要以上に取り除きます、皮脂が少ない状態でカミソリを滑らせれば、肌を傷つける可能性も高くなる訳です。

医療脱毛の安全性の高さは、多くの女性から支持を得ており、効率よくいたる所のムダ毛を処理するうえで大きなメリットがあります。